第31回全国病児保育研究大会 in 北九州

会頭挨拶

第31回全国病児保育研究大会 in北九州 会頭 吉田 雄司

第31回全国病児保育研究大会 in 北九州 会頭 吉田 雄司
医療法人よしだ小児科医院・病児保育室りんご

「第31回全国病児保育研究大会 in 北九州」(31回大会)を2021年10月9日(土)・10日(日)の2日間、福岡県北九州市内の全国病児保育協議会会員施設が中心となり開催します。九州圏内での研究大会は福岡市、大分市、熊本市に引き続き、福岡県では2回目、北九州市では初めてです。全国病児保育研究大会は、例年7月の連休に開催されていましたが、東京オリンピック・パラリンピックの日程や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響、緊急事態宣言の延長等で前年度の30回大会が2021年1月開催となったため、第31回大会も2021年7月から2021年10月に先延ばしすることになりました。
 大会テーマは「預けて良かった〜伝えよう病児保育の魅力を〜」です。COVID-19禍で子どもたちや家族の生活が一変しました。全国の病児保育施設利用者が激減する中で、病児保育そのものの存在意義、役割についても再考すべき時期かも知れません。
 31回大会では教育講演、特別講演として主に北九州市内、福岡県内、九州地区から講師をお願いしました。過去の研究大会で議論された事故予防、虐待対応や、けいれん、食物アレルギー対策、医療的ケアを必要とする子どもたちへの対応、予防接種の最新情報、さらには一般の保育所や児童発達支援事業所との連携も取り上げます。シンポジウムでは「病児保育での養護と遊びの工夫」をテーマに全国から4施設にシンポジストを出していただきました。市民公開講座はChild Health Laboratory代表 森田麻里子様が「科学的に正しい子育て」について講演されます。その他、各委員会主催セミナー、遊びや読み聞かせ、わらべうた、服薬指導等をテーマとしたワークショップが同時開催されます。
 手作り感を大切に有意義な研究大会となるよう北九州市内の病児保育室職員が結集して日々準備を重ねています。これまで現地開催あるいはハイブリッド開催するかを実行委員会で検討しましたが、2021年10月時点でもCOVID-19の影響が持続していることが懸念されるため、31回大会も30回大会同様に完全オンライン開催(一部オンデマンド)に決定しました。大川洋二会頭初め30回大会実行委員会の皆様が全国病児保育研究大会では初めてとなるオンライン開催を完璧に実現されましたので、それをお手本にして全国から多数の協議会会員施設が参加されますよう準備を続けます。
対面での現地開催ができなくなり「北九州で待っとるっちゃ!」が幻となりましたが、ここで北九州市の現況に少し触れます。 1963年に旧5市(門司、小倉、戸畑、八幡、若松)が合併して北九州市が発足、県庁所在地以外が政令市になったのは岡山県以西では最初でした。八幡製鉄所(現新日本製鉄)を中心とした工業都市として繁栄した北九州市の人口は市政発足当初の100万人から現在94万人を割り、年間出生数も7000人以下となり、さらにCOVID-19が少子高齢化を加速させています。
 過去の一時期北九州市はとても危険な町として全国的に有名でした。そのような負のイメージが多いにも係わらず某NPO法人による次世代育成環境ランキングでは20政令市中9年連続で1位です。特に出産環境と小児医療体制が高得点で順位を押し上げています。出産前後小児保健指導(ペリネイタルビジット)は政令市では初めて公的事業となり産科医、小児科医、行政との連携が進んでいることや1982年に発足して継続されている新生児救急医療体制、北九州市立八幡病院を中心とした小児救急医療体制は全国でも屈指です。北九州市内には現在12の病児保育室があり今後2年以内に2施設増加予定です。31回大会では北九州市の子育て環境について北橋健治北九州市長が講演されます。
 現地開催であれば31回大会会場となる北九州国際会議場からは北東に関門海峡と山口県下関市の町並み、南東には市内の小文字山や足立山が眺望でき、少し西側に歩けば北九州市内を南北に流れる紫川に辿り着きます。その川岸からは九州内では数少ない天守閣のある小倉城、また紫川に架かる多様な10本の橋も観ることができます。また日本新三大夜景に長崎市、札幌市についで八幡東区の皿倉山からの夜景が選ばれました。北九州市は東の周防灘、北の玄界灘に囲まれ海の幸も豊富です。秋からはフク(関門ではフグではなくフク)、広島や宮城にも負けない牡蠣も出回ります。北九州市内や近隣の市町にある蔵元の日本酒や焼酎も捨てがたいです。近い将来北九州市に訪れる機会があれば「北九州で待っとるっちゃ!」

ページトップ